ドキュメントトーカ NFCタグ

私たちは音声合成と音声認識で新しいヒューマン・インターフェースを追求しています。


ドキュメントトーカ NFCタグ 2014/09/05 発売!  お買い求めは、こちら で!!

NFCタグとは、チップとアンテナがシートに埋め込まれた近距離通信用タグです。

NFCタグ144 NFCタグ888 NFCタグ綴り

スマートフォンをこのタグにかざせばタグの内容を読みとっていろいろなことができます。
 ・喋ったり
 ・スマートフォンのアプリを起動したり
 ・テキストやパスワードを入力したり
 ・電話をかけたり
 ・インターネットを開いたり
 ・メモとして張り付けておいたり
 ・家族間の伝言媒体として利用したり
いろいろなことに応用できます。

「ドキュメントトーカ NFCトーク」 (ダウンロード)は、Android端末で動作するNFCタグアプリケーションで、
NFCタグを読み取り、即座に喋るといったことをテーマにしたアプリケーションです。

NFCタグとして「ドキュメントトーカ NFCタグ」を使用すれば、さらに機能拡張版が利用できるようになります。
機能拡張版は以下の機能が有効となります。
 ・NFCタグのメモリーサイズ制限で十分な文字数が確保できない場合でも、個人用に限りサイズ無制限になります。
 ・ドキュメントトーカIMEへの入力(IDやPassword)
 ・個人用フリートークテキストのサイズ無制限
 ・通知の読上げ
 ・ドキュメントトーカブラウザーによる読上げ
 ・読み取り画面および広告の非表示ドキュメントトーカ NFCタグには次の3種類の製品があります。
・ドキュメントトーカNFCタグ144
  直径25mmの144バイト10枚セット
・ドキュメントトーカNFCタグ888
  直径35mmの888バイト5枚セット
・ドキュメントトーカNFCタグ綴り
  直径20mmの144バイト版を短冊にした5枚セット

拡張機能を使用するには、あらかじめ、「ドキュメントトーカNFCタグ」に付属の認証タグを読み取らせておいてください。
そのとき、製品に付属しているアルミシートを取り除いてから読み取らせてください。

お買い求めは、こちら で!!

仕様
仕様 ドキュメントトーカNFCタグ144 ドキュメントトーカNFCタグ888 ドキュメントトーカNFCタグ綴り
型番 DTNFC-144 DTNFC-888 DTNFC-144T5
外形 丸型直径25mm(シール形状) 丸型直径35mm(シール形状) 30mmX70mmX0.9mm PET短冊
搭載IC NXP NTAG203 NXP NTAG216 NXP NTAG203
メモリサイズ 144byte 888byte 144byte
通信規格 ISO14443A
動作周波数 13.56MHz
動作温度 -25℃~70℃
認証タグ ドキュメントトーカNFCトーク認証タグ付属
枚数 10枚 5枚 5枚
定価(消費税込み) 2,160円 2,160円 2,160円


注意事項
・NFC対応の機種でご使用になれます。Android 4.2以上を推奨
・Apple iPhone, iPadは非対応です。(2014年7月現在)
・NFC機能をONにしてご使用下さい。
・NFC対応の機種でも、画面ロック時、充電時はNFC機能が動作しない機種があります。
・タグを書き込むには,Android版「ドキュメントトーカ NFCトーク」※1)が必要です。
・鉄やアルミ等の金属面には対応していません。
・機種により感度が異なります。
・不用意に折り曲げたり強い力をかけないでください。
・本製品はプラスチック廃棄物に分類されます。
・第三者に意図せず読み込み、書き込みされる場合がありますので十分ご注意下さい。
・本製品が正常に読み書きできないことによって発生したデータ損失や漏洩などについては、弊社では一切の責任を負いかねます。
・記載されている会社名及び商品名は各社の商標及び登録商標です。
※1: ドキュメントトーカ NFCトークはAndroid4.2.2以降を搭載したスマートフォン、タブレット(NFCに対応した機種)で動作します。
Google Play よりダウンロードしてください。


OEM提供・価格
合成エンジンの有償提供、もしくは、サービスをご利用いただけるパートナーを募っております。
web-info@createsystem.co.jpまでお問い合わせください。

受託開発
当社では、iPhone・Android関連、Win・Mac関連のプログラム開発を受託しております。
web-info@createsystem.co.jpまでお問い合わせください。

製品情報のトップ

ドキュメントトーカはクリエートシステム開発株式会社の登録商標です。
音声合成言語処理エンジンは、クリエートシステム開発株式会社の技術を使用しております。
音声合成波形処理エンジンは、富士通株式会社の音声技術を使用しております。